ポニッキ (POSY&POSY 日記)

オリジナルジュエリーを制作しています♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このページのトップへ

COPENHAGEN に行ってきました[ショッピング編]

どうもすでに、仕事で行った感覚がなくなりつつある^^;
そんなコペンハーゲン紀行ですがw
これでおそらく最終回ですかね。

物価が高い高いと嘆きつつも、食欲と物欲を押さえることはできませんd(´・v・`;)
なんといっても世界最初の歩行者天国「ストロイエ」は、ショッピング天国です。
IMG_2864 のコピー IMG_2877 のコピー
コペンハーゲンの中心に1kmほど続くこの通りには、私を誘惑する罪作りなショップがずらーっと並んでいます(TvT)

デンマークといえば、レゴブロック!
IMG_2879 のコピー IMG_2880 のコピー
店内は、大人も子供も、ぎゅうぎゅう詰めに混んでいました^^;

レゴマークのTシャツとか売ってたらかわいいなーと思って入ったのですが、
このお店には、大人向けのグッズは置いてなかったので残念(><)


お次は、今や日本にも上陸で話題沸騰の「TIGER」!
IMG_2918 のコピー

今年大阪に日本一号店ができたときは、予想を上回る来客で、
品薄一時営業ストップしたとか。。。 先月には東京にも二号店ができたらしいですね。^^

もしかすると、日本で買ったほうが安いのかも、、、と思いつつも
いろいろ小物を大量買いしました^^;

IMG_2866 のコピー IMG_2865 のコピー

ハイセンスなインテリア雑貨や、北欧デザインの数々が並ぶ百貨店「illumsイルムス」
IMG_2912 のコピー
こんなシャレたもん似合う部屋に改造したいよ。。。
と、毒づきながら店内ウロウロw

ストロイエの一本道を少し脇道に入ったりすると、こじんまりした雑貨屋さんや、
個性的なお洋服屋さん、可愛いカフェなどが、そこにもたくさん!
IMG_2875 のコピー IMG_2874 のコピー

IMG_2873 のコピー IMG_2872 のコピー

IMG_3049 のコピー

一軒づつのぞいていたらキリがありません(><;)


はい。お花は世界万国きれいです♡
IMG_2893 のコピー

屋台もあったり、大道芸人さんたちもいたりと、とにかくにぎやかな通りです♪
IMG_2886 のコピー

デンマークでは有名な、高級スーパー「Iram イヤマ」
日本でいうとろの明治屋とか紀ノ国屋さんあたりでしょうか。
IMG_7925.jpg
この女の子のロゴマークが可愛くって、お土産に人気らしい。
(イヤマというのは、デンマークでは定番の女の子の名前だそう。花子、的な?w)

ご多分に漏れず、買ってきた^^;;
??

そうそう、デンマークのコインには、♡マークが付いている。
世界で唯一らしい。
ちなみに王家の紋章にも、♡と王冠があってかわゆい。

1クローネ(約19円)コイン。持っていると幸せになれる。
って外国人の間ではささやかれている。(デンマーク人は知らないw)

幸福度世界一の国にあやかってのことだろうね^^
IMG_2926 のコピー

そんなわけで、帰りに空港の銀行で、わざわざ大量のクローネコインに両替してもらったw
銀行のおじさんには、怪訝な顔されたww

大量の幸せが、私の身に降り掛かりますように。。。ではなくて!

みんなへのお土産にして、幸せになってもらおうと思って(>▽<)♪

 (19円で済まそうと思ってw)


そんなわけで、物価高だと叫びながらも、財布のヒモ縛ることなく
ダダ漏れ状態だった私は、

帰りの空港では、預ける荷物の重量オーバーで、
超過料金払うか、手持ちにしろと勧告を受け…(--;)

慌てて荷物を開いて手荷物に詰め直し、

慌てて手荷物につめたものには、ついうっかりハサミが入っていて

手荷物検査では、かなりの時間を費やしチェックされ…(--;)

そんなこんなで時間を費やしていたら、搭乗掲示がすでに[Closing]を点滅させ

バカ重い手荷物を引きずりながら、長い長いゲートまでの通路を走り、

汗だくでFINNAIRに乗り込む。。。という結末で、コペンハーゲンを後にしたのでした☆トホホ



今回、仕事でなければ、きっと旅行先の選択肢には上がらなかったであろうコペンハーゲン。
こんなにも素敵な街があったなんて!
出会えた人たちにも、心から感謝です。
また必ず訪れたい。そんな街でした♪ ありがとう!


さ、今夜もカールスバーグ飲んで寝るか(*>▽<*)
関連記事

このページのトップへ

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。