ポニッキ (POSY&POSY 日記)

オリジナルジュエリーを制作しています♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このページのトップへ

ワックスで作る鋳造原型

本日はワックス制作の一日でした^^
??-9
写真中の青色のものが、ワックスです。蝋のようなもの。

「彫金」というと、貴金属地金そのものを、切ったり伸ばしたり溶接したりで、形にしていく技法ですが、

「ロストワックス」という技法もあって、この写真中のようなワックス(削りやすい柔らかさ)で、まずは原型となるものを作り、
それで型を作って、溶かした貴金属を型中に流し込む。という鋳造での作り方です。

金属と違って、ワックスは扱いやすいので、形にしていくのは比較的簡単です。

でも、鋳造後の加工や、アレンジをするには、やはり彫金の技術が必要になります。
逆に言うと、彫金技術をマスターしていれば、ロストワックスは手先の器用に人にとっては、それほどハードル高くはない気がします。^^

Posy&Posy彫金教室では、このワックスコースもありますので
ご興味あるかたは、ぜひ挑戦してみてください☆

関連記事

このページのトップへ

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。